首イボは老人性イボや年寄りイボと呼ばれる

首イボは別名で老人性イボ!20代や30代や40代でも発症はするのか?

首イボは老人性イボと呼ばれる症状のことです。

しかしながら、20代や30代や40代にも関わらずイボができてしまった人も多いかと思います。
老人性イボと呼ばれているので別の症状かなと思ってしまったり、ニキビではないかと考えてしまう人もいます。

そして、そのまま放置をしてしまった結果、イボがたくさんできてしまうこともあります。

結論から言えば首イボは20代や30代だけでなく、10代の中学生や高校生でさえ発症をする可能性のある症状です。
年寄りイボと呼ばれることもありますが、必ずしも年齢が関係をしている訳ではありません。

あくまで年齢と共に発症をする人が増えやすいのが関係をしています。

もしもあなたが20代にも関わらず首や顔にイボのようなものができてしまったのであれば、この記事をご覧ください。
若いのにと考えるのは首イボの原因を正しく理解できていなからであり、そのままではきちんとしたケアができないので数も増えてしまいます。

なぜ首イボは20代や30代で発症をするのかの理由!

そもそも首イボの原因を正しく理解することで20代や30代でも発症をする理由が分かります。

首や顔にできるイボは角質が硬化することによって形成をしています。肌機能の働きによって人は古い皮膚を排出して、新しい皮膚を作りだしています。そのため、たとえ皮膚がめくれてしまったとしても、時間がたてば元通りになります。

しかしながら、肌機能が低下をすることによって、角質を上手く排出をすることができなくなります。
そのまま皮膚に付着したままとなり、これが固まってできるのが首イボと呼ばれる症状です。

肌機能を低下させやすい原因としてあるのが加齢と紫外線のダメージです。

加齢によって肌の保湿物質であるセラミドやヒアルロン酸は減少の一歩をたどります。そして、紫外線のダメージを与えることで、肌の働きを弱めてしまいます。
ようするに首イボの原因に年齢は全く関係をしていないのですね。

そのため、20代や30代でもイボが老人性イボが発生をすることがあります。

年寄りイボや老人性イボと呼ばれる理由!若いのに首イボはできる

首イボや顔イボは老人性イボや年寄りイボと呼ばれます。
この理由は加齢と原因が関係をしています。

年齢と共に肌機能は低下をしますし、紫外線ダメージの蓄積は当然のことながら長い間生きることが関係をしています。
年寄りほど肌機能が低下をしているので、角質をうまく排出がしづらくなります。

その結果、40代・50代・60代と年齢と共に首イボが発症をする人がどんどん増加をしていきます。
そのため、年寄りイボや老人性イボと呼ばれたりするのですね。

あくまで発症をする人が増加をするけど、その年齢だけが悩まされる特別な病気ではありません。

首イボのケアの仕方の基本は年齢に変わりはない!しかし原因の解消は異なる

首イボを取ろうと思った時にケアの仕方は年齢は基本的に変わりはありません。
そのため、20代でも30代でも40代でも同じスキンケアをしていきます。

但し、原因の解消の部分については異なってきますので注意が必要です。

基本的な首イボのケアはヨクイニン配合の化粧品を使ってスキンケアをすることです。ヨクイニンとはハトムギより取れる成分ですが、保水力があり新陳代謝を高めるなどの働きがあります。

そのため、角質を排出している働きを正常にする効果が期待できます。ヨクイニンはイボ取り成分なんて呼ばれたりすることもあり、イボ取りクリームなどの化粧品が販売されています。

しかし、本気でイボを取りたいのであればケアだけでなく、発生をしてしまった原因をできるだけ解消する必要があります。

首イボの原因は角質の硬化ですが、その要因となるものは年齢の特有のがあったりします。

20代や30代の首イボの原因の解消の特徴!

20歳を過ぎた頃から角質層無いにある保湿成分などの美容成分が減少をします。
しかし、これは年齢が特有の部分でもあるので、防ぐことはできません。

20代や30代でイボができやすい要因として考えられるのが、学生時代と違った生活習慣の変化です。

大人になるとお酒を飲むようになります。そして、居酒屋などで油物などの外食を食べる機会も増えます。
それだけでなく、運動不足や仕事が原因の寝不足、肥満などの症状になりやすいです。

ようするに日々の生活習慣の面で、肌機能を低下させやすい原因がたくさんあり、首イボができる理由を与えてしまっているのですね。
まだ若いのにイボができてしまった人はヨクイニンのクリームでケアをするだけではなく、生活習慣の改善も少しづつ行うようにしましょう。

そして、外出時には紫外線対策をしっかりと行うようにしてください。
原因の解消とケアの両方を行うことで、首イボの症状を改善することができるのですね。

まとめ

首イボは老人性イボや年寄りイボとも呼ばれます。
しかしながら年齢は関係がなく、20代でも発症をすることがある症状なのですね。

基本的なケアの仕方に関しては年齢は関係がなく、ヨクイニンが含まれたイボ取りクリームを使うことです。
ただ、原因の解消の部分に関しては年齢や人にもよって異なってきます。

外出時には紫外線対策をし、生活習慣を少しづつ改善をするようにしましょう。
そして、イボ取りクリームを使ってケアをすることで首イボに悩まされずに済むようになるのですね。

詳しいイボの取り方や人気のクリームなどについては下記の記事で紹介をしているので、このままご覧ください。
首イボクリームランキング【実際に使い比べ】首のイボを取る秘宝

ピックアップ記事

  1. 首イボは老人性イボや年寄りイボと呼ばれる
    首イボは老人性イボと呼ばれる症状のことです。しかしながら、20代や30代や40代にも関わ…
  2. 艶つや習慣を使った口コミ
    艶つや習慣は首イボや顔イボのケアとして人気となっている、ヨクイニンクリームとなっています。ネ…
  3. 首イボをレーザーで取る
    美容皮膚科で顔や首イボの治療に行われているのがレーザーを使用した取り方です。炭酸ガスレーザー…
  4. イボコロリ
    イボ用の市販薬として非常に人気があるのがイボコロリです。横山製薬より販売されているのがイボコ…
  5. オロナインのイボへの効果
    大塚製薬より販売されているのがオロナインH軟膏です。薬局やマツモトキヨシなどのドラッグス…
PAGE TOP